フォトダイオードアンプ  LTA-40 【製品の特徴】

■ コントロールアンプは、独立した4チャンネルのメインアンプを搭載

● 4系統のフォトダイオードを個別に制御、信号増幅ができます。

● 各アンプには、x1 · x10 · x100 · x1000 · x10000の5段階増幅率を選択できます。

LTm-104との組み合わせで、最大10^8までの変換ゲインを得られます。

● LTm-xxxを通して、フォトダイオードに最大±10Vまで直流バイアスを掛けることが
 できます。

設定分解能=0.1V

● メインアンプ部の入力部で最大±200mVのオフセット電圧を加算できるので、
 フォトダイオードのオフセット電流調整に利用できます。

設定分解能=100uV
LTm-103接続時は、100nAステップで最大±200uA相当
LTm-104接続時は、10nAステップで最大±20uA相当

● 上記設定での表示例

■ LTA-40の特徴

● 4系統のメインアンプには、マルチプレクサを装備

各アンプに、4つの入力信号を任意に割り当てることができます

例えば、
チャンネル1に入力された信号を、異なるゲインに設定されたアンプ1とアンプ2に
設定し、1入力⇒2信号出力など


● 各メインアンプは、ACとDCの増幅モードを選択可能

例えば、
チャンネル2に入力された信号を、ACモードとDCモードに設定されたアンプ2と
アンプ4に設定し、直流成分と交流成分の両方を同時に観測するなど


● 各メインアンプは、ACモード観測時に便利な簡易LPFフィルターを搭載

5レンジの切替えが可能
1kHz・10kHz・100kHz・500kHz・THROUGH
(カットオフ周波数はx1設定時の目安)

● 上記設定での表示例

■ LTA-40のその他の機能

● フロントパネルにモニター出力を装備

入力された4つの信号(Pre-1~Pre-4)と、メインアンプの出力(Amp-1~
Amp-4)の 計8種類の信号から任意の信号を選択し、出力することができます。

● 各アンプ出力は、終段アンプの増幅度を0dBまたは6dBを選択可能

50Ω系測定に必要な終段アンプの6dBをOFFさせることができます。
高インピーダンス入力の測定系への接続時に、信号振幅を有効に観測できます。

● 上記設定での表示例

本製品に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
アドフォクス株式会社
http://www.adphox.co.jp/e-mail/toiawase-ke.html

Back